トランプ氏が就任初日にTPP離脱へ

全部、生命保険 > 注目 > トランプ氏が就任初日にTPP離脱へ

トランプ氏が就任初日にTPP離脱へ

2016年11月24日(木曜日) テーマ:注目

トランプの声明として就任初日に

TPPを離脱するということが

出たようです。

 

選挙戦の公約通りということ。

今までの流れだと就任すると

流れが変わってTPPも一部容認に

なっていくのかもというような雰囲気が

ありましたが、元に戻ってしまいましたね。

 

ネット上のコメントでは

 

 

世界を見た対応ではないですね、アメリカさえよければ・・・です。

大局的に物事を判断しないと、中国を利するだけの政策になる。

オバマ大統領の世界の警察から降りた事も中国を利したが。

 

アメリカが偉大だと言うのは、世界をリードして来たからであり、2国間協議となると普通の国になる。

 

TPPだろうと二国間協定だろうと貿易は自由化すれば得をする。

高い関税があれば、消費者は外国の安くて良いものを得られないし、産業は輸出によって発展する可能性を狭められる。

自国を守るつもりで自由化から逃げて自国の産業の競争力がなくなっても構わないんだろう。

 

トランプの基幹政策だからね、取り下げるはずがない。ばいばい、アベノミクス。

 

 

TPPの方がフェアだと思うけどね。大体、加盟他国はその交渉に

応じるかだって分からんよ。貿易するならTPP枠内でお願いします。

で終わってしまいそう。特に米国依存度の少ない国はね。

 

日本もあまりに不平等なものならしっかりNO!を叩きつけないといかん。

もし離脱ならその影響で雇用が失われるという事実を教育しないと。

アメリカが一方的に関税を上げて成り立つ時代じゃないからな。

 

ただトランプがうまく交渉して来るなら、日本は自動車関連の税を

撤廃ないし大幅に引き下げて車所有の自由度を緩和しろ。

と言って来るならそこだけは応援してやりたいな。

うまい事、日本人の心理に同調する交渉術が有る事を願っても居る。

それで、車から貿易がうまくいって摩擦が起きなければ両者勝利だろ。

 

結局は世の中に関税が無ければ、世界の誰もがお客さんに成りうる訳だし

良いものを造っている国が勝者になれると思うんだけどな。

 

 

このような意見が出てきています。

非常に多くの意見が出ていて

皆さんの関心が高い状態になっています。

ライスパワーショップ



関連記事

トランプ氏が就任初日にTPP離脱へ

トランプ氏が就任初日にTPP離脱へ

2016年11月24日(木曜日)

身代金要求ウイルス、スマホで急増

身代金要求ウイルス、スマホで急増

2016年11月 7日(月曜日)

単純な食事でとれるものとは別の成分で

単純な食事でとれるものとは別の成分で

2016年10月22日(土曜日)

手近なガリバーに固めてしまわずに

手近なガリバーに固めてしまわずに

2016年7月17日(日曜日)

和婚ダンスで盛り上げるには

和婚ダンスで盛り上げるには

2016年7月11日(月曜日)